低金利であることが絶対条件

おまとめローンが低金利であることは、おまとめローンを利用するうえでの大きなポイントであり、必須条件でもあります。むしろ今利用している金融会社よりも金利が低くならないのであれば、おまとめローンを利用するメリットはほとんどないでしょう。また金利以外にも、メリット・デメリットを左右する要素がありますが、ここでは金利をメインに見て行きたいと思います。

金利とは、借りた金額に対する使用料やレンタル料のようなものです。キャッシングやローンなどで表示されるパーセンテージは年間の利率で、お金を1年間借りたらそのパーセンテージ相当の利息が発生するということです。
例えば、18%の金利で50万円を借りた場合、1年間の利用で発生する利息は9万円となります。これを元金と合わせると59万円となります。
年間利息: 500000円x18%=90000円
合計: 500000円+90000円=590000円
実際には月々の返済で元金が減っていくため、それに合わせて利息自体は少なくなっていきます。1年以内に完済できれば9万円より低い利息で済みます。しかし現実的に考えて50万円を1年で完済するのは難しく、返済期間によってはこれ以上の利息が発生することもあります。

そこで借り換えローンやおまとめローンを利用して金利を低くするという方法がとられるわけです。元金の変更はできませんが、金利が低くなることで利息が減り、支払わなくてはならい金額を減らすことができます。
例えば、2社からそれぞれ金利18%で50万円を借りているとしましょう。利息は9万円なのでこれを2でかけると18万円となります。これを1社でまとめて合計100万円、金利が15%まで減るとどうなるでしょうか?
年間利息: 1000000円x15%=150000円
18万円だった利息が15万円まで減り、3万円ほどお得になるのが分かります。

金利は、借りる金額によって上限が法的に決められている、ということにも注目しましょう。
<表1>
この表から分かるとおり、100万円以上の借入は必ず15%以下になります。そのため、複数社から何十万円かのお金を借りており、合計すると100万円以上になるようであればおまとめローンを利用するメリットが高くなります。ただ、おまとめローンは最初から最高金利が15%以下提供されていることも多いので、無理に100万円以上の借金を作る必要はありません。また欲張って全ての借金をまとめようとすると、余計な金利が発生することがあります。ひとつでもまとめ先の金利より低いものがあるなら、その借金はまとめずに個別で返していった方がよいでしょう。